HOME | 会社概要 | Q&A | 特定商取引に基づく表記 | プライバシーポリシー | お問い合わせ  
 
 
◆ 八百屋のおせち 2018
市文字屋の「おせち」は、昔から京都に伝わる素朴な「おせち」です。
時代の変化、世代交代はあれど、市文字屋の「おせち」は変わらず。
黒豆や棒鱈をじっくりコトコト、一晩お鍋につきっきりで炊き上げ、
ひとつひとつ皮をむき、素材を手で感じて作り上げます。
市文字屋與三郎は、京都に伝わる「おせち」を作り続けています。
 

     
 
【壱段重】(目安2〜3人分)
 
【弐段重】(目安4〜6人分)
 
一段重(重箱寸法:八寸222×222×48mm)
数の子、黒豆、田作り、りゅうひ巻、花酢蓮根、栗きんとん、菊花蕪酢、頭海老、湯葉巻鶏、手毬生麩、棒鱈やわらか煮、煮しめ各種
 
二段重(重箱寸法:七寸202×202×48mm)
<壱の重>数の子、黒豆、田作り、りゅうひ巻、頭海老、花酢蓮根、たたき酢牛蒡、紅白生酢、菊花蕪酢、湯葉巻鶏、栗きんとん、堀川牛蒡肉詰め
<弐の重>煮しめ: 棒鱈やわらか煮、さわらの味噌漬焼、鮑の照焼、海老芋、鰹牛蒡、山筍、蕗、松くわい、手鞠生麩、鱈の子、矢蓮根、花金時人参、結び蒟蒻、どんこ椎茸、絹さや
   

 


 
◆ 京のお雑煮
京都のお雑煮は全てが丸い。
これは、「今年一年を丸くなって、人と争わず」という
願を込めた風習なのだといいます。
そんな京のお雑煮を手軽に楽しみたい方に
ぴったりの詰め合わせです。
贈り物にも喜ばれています。
 

     
 
京野菜と白味噌のお雑煮
1セット・2人前×三が日分
 
元日:
海老芋、鰹だし、結び切水菜、京の白味噌、丸餅
2日目:
雑煮大根、鰹だし、丸花金時人参、京の白味噌、丸餅
3日目:
花かつお、鰹だし、柚子、京の白味噌、丸餅
 
【内容】
海老芋(2ケ入): 1袋
結び切水菜(2ケ入): 1袋
雑煮大根(2人分入): 1袋
花丸金時人参(2切入): 1袋
柚子(2人分入): 1袋
花かつを: 6袋
丸餅(2ケ入): 3袋
かつを出汁(2人分入): 3袋
白味噌(2人分入): 3袋
 
京雑煮の作り方や三が日の食べ方レシピも
お付けさせて頂いております。
     

 
オンラインショップには掲載しておりませんので、
こちらから、メールまたはFAXにてご注文下さい。
12月31日のご希望のお時間にお届け致します。
(※ 一部の地域は、1月1日のお届けになります)
 
email ichimonjiyayosaburo@gmail.com
 
送料
全国一律1,200円(税別・クール便)
 
FAXでのご注文は、こちらの注文書を印刷してご利用下さい。
注文書を表示するためには、Adobe Reader が必要です。Adobe Readerは、こちらからダウンロードできます。

 
「京のお正月(お節&お雑煮)はオンラインショップに未掲載です。
注文は本ページをご参照の上、emailまたはFAXでお願い致します。
お買い物はこちら
 

ICHIMONJIYA YOSABURO(C) All right reserved.2011